からだの機能をあげる方程式2 「適正の刺激」



これは受けて実感して貰えば

よくわかると思います。


「もっと強くやってほしい」

申し訳ないけどお断りします


回復するための時間 を最大限活かすには

刺激は極力少なく小さい方がいい。

TEKISHIGEKIモニター募集中


予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000