karte685:言い当てられたのがびっくり

685鈴木美香さん(40代)
主訴は
更年期障害・膝の腫れ・左手首拘縮

触診した時に
肝臓部に膨張がみられ確認すると

毎年病院で検査するといつも肝臓が二次検査になるそう

「それを言い当てられたのがびっくりしました。」

肝臓の反射として右膝も腫れてます

眠れないくらい痛くて辛いそうで
それが肝臓が原因とは大体の人は知らないですよね?

それもなくなりました

「整形外科で検査しても何の異常もないと言われました。それが楽に歩けるようになりました。」


それと
数回施術後に気づいたのですが左手がおかしい

聞いてみると
数年前にぶつけて開かなくなったそうです

??

ただの打撲?

「病院では治りませんと言われた」

治らない?なぜ?

これはちょっと新しい感じですが
外傷に見えて実は違う

調べてみると
脳神経が絡んでいます
脳に近いところに本当の原因があります

だから整形外科で治せないのです

それが
「一回の施術で開くようになりちょっとびっくりしています。」


となりました

このように
からだをみれるか?
これがとっても大切

さらに
「施術が終わった時に店内の音楽が大きく聞こえるようになりました。」
「視界が広がり首の後ろのハリが柔らかく首が倒れなかったのが倒れからだが軽いです。」

「今までは寝ていてかならず目を覚ますんですけど目覚まし鳴るまでぐっすり眠れるようになりました。」


順調です

これから若返りますよ
楽しみですね

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000