「症状」を悪いものだと思わない

M0メンバーのれいです☘️

『強い体をつくる食べ方』

内海聡先生

その3
『「症状」を悪いものだと思わない』

健康になりたいなら、健康になろうとしないこと。
病気になりたくないなら、不快な症状にフォーカスしないこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・

痛みが出るのは、体が痛みを通じて体の不具合を癒そうとしているから。

痛みが出るたびに薬でごまかすのは、痛みが出る「そもそもの原因」をみていない。

基本は放っておくこと。体が症状を出しきれば、自然と楽になります。

自然治癒の力に任せる
=体をないがしろにするということではなく、「症状を悪いものだと思わない」ということ。

食べ物に気を付けて、症状が出ない体、症状からしっかり回復できる体をつくることも大切です。


以前の私は、ちょっと風邪を引くとすぐに病院に行き、できるだけ多めの日数分の薬💊をもらっていました。

らっぽんと出会ってからは、症状の出方や体の調子など、調子が悪い時ほど自分の体とより向き合うようになりました。

できるだけ、自然な形で・・
体の調子を整えていきたいな・・
と思うようになりました・・(*´꒳`*)

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000