白いもの

強い体をつくる食べ方

内海 聡

その7
「白いものが体を蝕む」

食品としてあまりとらない方がいいものの筆頭は、白い食べ物。それ以上に絶対とってはいけない食品が砂糖。

白い砂糖
白いご飯(米)
白い小麦製品(パン)

この直接糖は、食べたくない理由だらけ。

□血糖値が上がる
→インスリンが余ったブドウ糖を脂肪細胞に蓄える
→肥満に直結

□脳内ホルモンの分泌か狂う
→糖質をとると「多幸感」を生むホルモンがやたらと分泌される一方で、思考力、判断力を、司る重要なホルモンの分泌に狂いが生じる

□細胞を傷つけ、機能を阻害
→糖質を摂りすぎると、「糖化」という体内変化が起き、細胞の働きに支障をきたす。

これらのことは、肥満、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、感染症
アレルギーなどにつながる。

ただ、神経質になり、「糖質を断つために生きる」かのようになるのもよくない。


人生の充実度が最優先。

「ほどほどに気をつけよう」くらいが、最も健康に寄与する姿勢。

私も以前は、糖質大好きでしたが、体が健康に近づけるかなと思い、糖質を少し控えめにしています。
らっぽんのお粥や野菜スープ、いつも楽しみにしています!こころもカラダも喜ぶ、カフェスペースありますよ😊

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000