風邪とインフルエンザの違い

インフルエンザ潜伏期間は・・・1~2日

発症する1日前から

発症後5~7日頃まで

周りの人にうつしてしまう可能性があります

特に

発症してから最初の3日間ほどが

最も感染力が高いです

以下の症状が出ます

・38℃を越える高熱がある

・寒気・震えがある

・倦怠感

・関節痛・筋肉痛

・頭痛

・喉の痛み

・咳(起こらない場合もある)

・鼻水

・くしゃみ

風邪とインフルエンザの症状は

・咳・喉の痛み・発熱するなどは変わりません。

決定的に違うのは

「体温上昇の程度」

インフルエンザの症状は高熱が特徴

発熱するとすぐに38℃を越えます

朝から38℃以上の発熱があった場合は要注意ですよ!

たった1つのウイルスが

24時間後には約100万個に増殖します。

からだが

ウイルスから守るため高熱を出して闘います。

症状が出て

3日目以降には

インフルエンザウイルスが体内で減り始めます

発症後

48時間までに検査を受けないと

確実な診断はできません

診断されると

抗インフルエンザ薬が出されますが

日本の認識は世界とずれています

抗インフルエンザ薬とは

インフルエンザウイルスの体内での増殖を抑えることで

インフルエンザを治療する薬のことです

タミフル・リレンザ・イナビルなどがそれです

しかし

圧倒的に

タミフルを消費している一番の国は

日本

世界消費量の約75%を占めています

2位である米国でも

約20%しか使用していません

次回は

インフルエンザA型・B型・C型の違い

らっぽんの勉強会

https://lappon.amebaownd.com/pages/510640/page_201606141050

http://1lejend.com/d.php?t=###tourokuid###&m=###mail###

※ワンクリックするだけで配信解除ができます

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000