健康体になれたかどうか💖

健康体になれたかどうか

本当にわかるのは
死んだ時
こんばんは⭐︎みにです

院長の言葉を借りると

『健康になればなるほど
神経質で不満を感じやすくなります。

て聞くと
健康になるのが嫌になりますよね?

それでも健康を目指してもらいたい
健康って
子供の頃に経験した時のような
清々しさのことです

もうほとんど
忘れている感覚ですが
ふと思い出せる時があります

健康に関しては
どこまで行っても
「まだ足りない」もの

この不満こそが
さらなる健康意識に繋がり
人生そのものを変える力を持ちます。

決して
健康おたくにはならないでください

表面は健康に見えても
芯がなくなってしまっては
何の意味もありません

それなら
ジャンキーなものをたくさん食べて
大笑いしている方が人生的には魅力です

実際に健康成功者は
神経質で不満を感じやすいという
研究もあります

時折現れる
「不満」

この
不満を
ただ我慢しますか?

それとも
愚痴に変えますか?

行動して
不満を解決するかどうかが
健康成功者への
分かれ道となります』


わたしもお客様のカウンセリング
施術をしていて思うのは

アイスやチョコやめられないんです(^^;)ってかわいい笑顔で教えてくれるお客様は
内臓疲労、ホルモン障害が多くみられるようです
比べて
食事にはストイックに徹底してたりするかたは神経系、脳疲労からの症状が多いようです


それぞれのお客様にあった
行動の仕方と解決策を一緒にみつけて
お伝えしていこうと思います❤️

今日も読んでくれてありがとうございます❤️

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000