💊その薬、本当に必要?

M0メンバーのれいです📣

病院に行ったら、薬をもらうのが当たり前の現代
病気を治すのは、医師ではなくて薬と信じている

↑↑↑↑
大きなカン違い😱

薬は治療の補助的なものに過ぎない。 
病気を本当に治すのは、自分自身の中にある「治癒力」

薬が不要な3つの理由
1️⃣明らかに病気でないのに、病気と診断され、薬を飲んでいるケースがよくある

血圧、コレステロール、中性脂肪など、健康と診断される基準値が厳しすぎるために、「健康な病人」がどんどん増え、不要かもしれない薬を飲んでいる

 2️⃣薬にはほぼ副作用がある

「副作用」という名の新しい病気を抱え込むようなもの

3️⃣摩訶不思議な現象

なぜか突然、○○症候群、○○病といった新しい病気が提唱され、まるでそれに合わせたかのように、新しい薬が準備されている

抜粋 「薬の9割はやめられる」松田史彦より
医者に○○病とか、○○炎とか言ってもらうことで、なぜか、体調不良の原因が分かったつもりになり、薬を処方されることで、「もう大丈夫」と思っていました。
すぐに効く時と、なかなかスッキリしない時とありました。ズルズル1ヶ月も風邪が治らなかったことも、、
今思えば、薬漬けになり、かえって体に負担をかけてしまっていたんだなと思います。
そんな時、らっぽんのセラピストの方と偶然出会い、健康、カラダへの捉え方が少しずつ変わっていきました!

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000