病は気から のメカニズム

M0メンバーのれいです🤓

「病は気から」の医学的メカニズムは、

→ストレスをためると交感神経の緊張が続く
すると、白血球の中の好中球(顆粒球)が増えて活性酸素が増える

大量の活性酸素や交感神経の緊張の持続が免疫を低下させ、自律神経の働きを乱し、病気を発症させたり症状を重くすると考えられている

なぜ人はストレスをためるのか?

ストレスの原因は「言葉によって作った意識」である

今の状況を否定し、「嫌だ」と何度も思い続けると、その「嫌だ」が潜在意識にたまってくる。否定的感情をためると、交感神経の持続的緊張を起こす。

心理学の世界では、潜在意識(無意識)が現実を変える力は最強だと言われている

自分の感情も起きた出来事も含め、すべてを心の中で受け入れること。エゴ(自我)を捨てるのである。感情にも出来事にも善悪の判断をしないこと。

感情は心の言葉であるので、先に言葉から変えていく。発する言葉を変えていけば徐々に潜在意識の負の感情=負の言葉が減っていく。「ありがとう」はその代表である。

そうして心が解放されていくと、不思議と自分の周りの状況が徐々に変わってくる。

言葉を変えれば意識が変わり、自分の周りの世界も変わるのである。

抜粋「薬の9割はやめられる」松田史彦
言葉のもつ力は大きいですね。さりげない一言が嬉しかったり、相手を傷つけてしまったり…自分の潜在意識まで変えてしまうと知り、できるだけ負の言葉を減らして、ポジティブでいい言葉を発してたいなあと思いました☺️

予防医学村らっぽん

世界から慢性病をゼロにする活動【財団法人】生涯学習支援事業団 理事 技術屋ではなく「からだ」を大切にするために向き合う時間を提供しています。「根本改善」が目的ではなく からだ・顔が良くなる以上にあなたの人生が良くなることを望んでいます。慢性病撲滅活動の一環として毎週プロ向け・一般向けの勉強会を行っている目的は気づいて欲しいから。本当のしあわせとは「自分のからだを深く愛していくこと」なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000